ホーム / 体を温めることはなぜいいの?
〜〝温熱効果〟についてお医者さんに聞きました〜

体を温めることはなぜいいの?
〜〝温熱効果〟についてお医者さんに聞きました〜

体を温めることはなぜいいの?
〜〝温熱効果〟についてお医者さんに聞きました〜

MitsukoPhoto伊藤明子(みつこ)先生

東京大学医学部附属病院小児科 医師東京大学医学部附属病院 小児科 医師、MPH(公衆衛生専門職)、東京大学大学院医学系研究科、公衆衛生学 健康医療政策 客員研究員、東京大学大学院医学系研究科公衆衛生学 健康医療政策 客員研究員。

東京外国語大学卒業後、同時通訳の仕事をしながら帝京大学医学部を卒業し、東京大学医学部付属病院で研修。

2012年4月に東大の小児科に入局。2013年3月まで病棟勤務。

有限会社アクエリアス(会議通訳・翻訳・国際会議コーディネート)代表取締役。会議通訳者。二児の母。著書に『天然ヘルシー「調和食」レシピ』(キラジェンヌ)がある。

 

現代人の体は冷えている

現代人は、家事や育児、仕事の締め切りなど、さまざまなことに追われています。こうした日々のストレスによって、私たちは、緊張状態、言い換えると交感神経優位の状態が多くなっています。交感神経が優位の状態では、末梢(手足)の血管が縮んで、血の巡りが悪くなり、手足が冷えてしまいがちです。加えて、冷房などによる冷却で物理的に手足が冷えていることも多いのです。特に女性は、手足が冷えると、手足の皮膚への栄養供給が減るため、美容にも影響してきます。また、冷えが卵巣機能低下の一因になるという研究報告もあります。ですから、妊娠を望む女性には、冷え対策はとても重要です。では、体を温めるとどのような改善が期待できるのでしょう? 具体的には大きく三つあります。なるべくわかりやすく、順番にお話しましょう。

酵素活性が体調維持の鍵

まずは酵素の働きについてです。体の中にある酵素は、体内の代謝を進める触媒として働いていています。例えば、酵素がないと、私たちは食べた物を分解して栄養を吸収し、エネルギーに変えることができないんです。この他にも、私たちの体内には数千種類の酵素がそれぞれ特異的な働きをしているんですね。また、酵素は免疫力とも深い関係があります。冬に風邪をひきやすかったり、病気の罹患率が高かったり、死亡率が高かったりするのは、気温が低く、体温も下がりがちな寒い時期に、免疫に必要な酵素活性(酵素の働き)が下がっていることが、一因です(もちろんこれだけが要因ではありません)。体を温めると、酵素活性が上がり、その結果、代謝が進み、免疫力も維持できるのです。

その酵素が働くために一番良い温度「至適温度」があります。例外もたくさんありますが、体内の調子を整えるために働く酵素の多くは、至適温度が37℃前後です。ですから、体を良い状態に保つためにも、酵素が働きやすい体温を、手足を含む体全体で維持することが大切なのです。

副交感神経を優位にする

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-01-13-07-39二つ目は、自律神経についてです。感情も含めて、人間の体の恒常性(ホメオスタシス)を保つ働きがある自律神経には、交感神経と副交感神経があります。冒頭でもお話したように、何らかのプレッシャーを感じることが多い日常にあって、私たちは、知らず知らずのうちに交感神経が優位になってしまいがちです。自覚がなくとも呼吸が浅かったり、緊張気味で歯を食いしばっていたり、手足の血管が縮んで、手足の冷たかったりするのです。

こうした方のストレス管理のために、副交感神経優位の状態に持っていく方法があります。ゆっくりと体を休めて、呼吸をゆっくり深く行い、手足の指先を温めることで、末梢の温度を上げて、副交感神経優位の状態、つまりリラックスした状態に導くのです。

神経伝導の速度を上げる

最後は、神経伝導の速度についてです。私たちの体は、温めることによって神経伝導速度が上がることが50年以上も前からわかっていました。つまり体を温めることで、脳から手足の先端などの末梢へ情報が速く伝わるようになるし、その逆に末梢から脳へも情報が速く伝わるようになるということです。酵素活性の情報や副交感神経優位の情報も早く伝わることになります。

温めると効果が波及する

これまでお話してきた酵素、自律神経、神経伝導の働きは、それぞれが単独で働いているのではなく、むしろ密接に繋がっています。体を温めることによって、すべての働きをより活発に、より良い方向に持っていけば、互いに良い影響を及ぼしあって、全身が快調になることが期待できます。温めることで免疫系の働きを向上させれば、健康になりますし、消化機能が上がれば、便秘に悩む女性の解決の糸口になります。血流がよくなれば肩こり改善も期待できるのです。

日頃から自分の体の冷えを意識して、温めてあげてください。そうすれば、きっとより健康的な毎日を送れるはずですよ。